老人性難聴

人間の聴覚器の老化は20~30歳代から始まるといわれ、加齢によって起こる聴力の低下を老人性難聴といいます。
老化は内耳感覚器から脳の聴覚中枢までの神経細胞の減少や変性として表れますが、その程度は大きな個人差があります。

老人性難聴の症状

老人性難聴は高音域から始まり、徐々に中低音域も聞こえにくくなります。
ただ、初期には特に自覚症状はなく、中音域の聞こえが悪くなり、たいていは日常会話に支障が出るようになって初めて難聴に気付きます。
実際には、言葉は聞こえているのに何を言っているのか分からない、聞き間違いや聞き返しが多いなど、言葉の聞き取り障害として表れます。
また、耳鳴りで老人性難聴に気付くこともあります。

老人性難聴は、内耳性と中枢性の両方の性質をもっていて、聴力に比べて言葉を聞き取る能力が悪いのが特徴です。

老人性難聴の治療

老人性難聴に決め手となる治療法はなく、補聴器の使用が勧められますが、本人に難聴の自覚が薄く、使用されないこと多いようです。
動脈硬化・腎臓病・糖尿病といった慢性の病気は、老人性難聴を進行させる可能性があります。
老化を防ぐために、日常の健康管理と精神安定に気を付けることは言うまでもありませんが、耳の悪影響を与える騒音や薬剤の使用は、できるだけ避けるようにしましょう。