難聴とストレスの関係

現代人は、多くのストレスを抱えながら過ごしていると言えます。
過度のストレスはやがて身体にもさまざまな影響を与えるものです。
その中でも、ストレスと難聴の関係性について説明しましょう。

ストレスが原因と考えられている難聴には次の2種類があります。

心因性難聴

心因性というその名の通り、原因がストレスにあると断定できる難聴のことです。
耳鳴りや頭痛などの症状を訴えたり、体のどこにも異常がなくても耳だけ聞こえにくい、あるいはほとんど聞こえないというケースもあります。

突発性難聴

ある日突然、耳が聞こえづらくなる難聴です。
ごくまれに両耳の場合もありますが、多くは片耳に症状が表れます。
耳鳴りがする人も多いようです。

人はストレスを感じると、それを解消しようと自然に体が反応するようにできています。
目や耳・首・肩などに運ばれるはずの血液や栄養を、すべて脳に集めようとするために、体のあちこちに不調が生じるのです。
主な症状としては、難聴のほかに目の痛み肩こり首のこりなどが挙げられます。

ストレスからくる難聴の治療には、まず原因となっているストレスを取り除くことが重要です。
精神科や診療内科のカウンセリングを受け、精神面を鍛えたりストレスを克服したりしましょう。
薬物療法や手術を行うわけではありませんが、根気よく治療することで完治させることができます。
大切なことは、信頼できる医師とよく相談して、難聴という新たなストレスを抱え込まないことです。
また、自分なりのストレス解消法を見つけたり、規則正しい日常生活を送るなど、十分な休養を取るといったことを心がけるとよいでしょう。