耳鳴りは難聴のシグナル

難聴になると耳鳴りを伴うことが多いため、耳鳴りが頻繁に起こる場合は、難聴を疑って耳鼻科を受診することをおすすめします。
耳鳴りとは、自分の周囲で音がしていなくても、耳の奥の方で音が聞こえるように感じるものです。
耳鳴りの音の種類や大きさは個人差があります。

耳鳴りの原因と治療法は?

難聴には原因が分かっているものもありますが、耳鳴りはまだ原因が特定されていません。
そのため、耳鳴り自体の明確な治療法は確立されていません。
ただし、症状を改善させる治療法の研究は進んでいて、症状にあわせた治療が行われています。
また、耳鳴りと一緒にめまいを伴う場合、内科を受診する人もいます。
内科を受診して治療を受けても耳鳴りが治らない場合は、難聴の症状として耳鳴りを併発している可能性がありますので、耳鼻科を受診し適切な治療を受ける必要があります。

耳鳴りは難聴を教えてくれるシグナル

難聴の代表的な症状は、人の声や物音が聞こえにくくなることです。
そして、耳鳴りを伴っていることが多いと言われています。

難聴の種類によっては、日常生活に支障が出にくく、自覚しにくいものもあります。
高音域から聞こえなくなる騒音性難聴などがそれにあたります。
自覚症状が出なければ、耳鼻科の受診が遅れ、治療も症状が進んでから行うことになるため、失われた音域の聴力の回復が難しくなります。

耳鳴りを感じ、早めに耳鼻科を受診することで、難聴の早期発見につながります。
そうすれば、早い段階で治療を受けられることになります。
耳鳴りを感じたら、難聴のシグナルであるかもしれないことを心に留めておき、耳鳴りが続くようであれば、早めに耳鼻科を受診するようにしましょう。