難聴の予兆

耳鳴りは難聴のシグナル

耳鳴りの明確な原因は分かっていませんが、難聴の多くは耳鳴りを伴います。
難聴は徐々に進行していくことが多いため、自分では気づきにくいものですが、耳鳴りが頻繁に起こるようならば、難聴の可能性を疑いましょう。

中耳炎が難聴を発症する

耳の病気の中でもポピュラーな部類に入ると思われる中耳炎。
鼓膜の内側にある中耳に炎症ができる病気で、耳管の短い小児が特にかかりやすいと言われます。
中耳炎が慢性化すると鼓膜穿孔を発症し、内耳まで炎症が広がって感音性難聴を引き起こすことがあります。

難聴とストレスの関係

耳の器官や脳に異常が見られなくても聞こえにくい症状が出る場合は、ストレス性の難聴である可能性が高くなります。
突発性難聴も、ストレスが原因であることが多いのです。