難聴の種類

耳は数多くの器官が連なってできています。
それぞれの器官が役割を果たし、空気の振動を次々と奥に伝えて、最終的に脳が音を感じるようになっています。
それはつまり、どの器官に異常があるかによって、難聴のタイプも治療法も大きく異なってくるということです。
難聴は次の3種類に大別されます。

伝音性難聴

音を伝えるところに異常がある難聴です。
外耳や中耳など、空気の振動を内耳に送る箇所 (伝音系) に損傷がある場合に起こります。
神経系に異常がなく、音が物理的に伝わらないことが原因のため、重度のものでなければ治せる可能性があります。
一方で、放置すれば内耳まで損傷が広がって感音性難聴を招くリスクもあるため、早期発見・治療が何より重要です。

感音性難聴

音を感じるところに異常がある難聴です。
内耳から聴神経・脳にかけて障害があり、外耳を通って伝わってきた音を聞くことができない状態です。
神経系や脳など、全身の動きを制御する根幹部分の異常のため、治療は困難とされています。

混合性難聴

伝音性難聴と感音性難聴の両方の原因をもつ難聴です。
つまり、音を伝えるところと感じるところに異常がある難聴のことです。
主に老人性難聴やによって引き起こされることが多いようです。
老人性難聴の多くは混合性ですが、どの度合いが強いかは個人差によるところが大きいとされています。