音の大きさと難聴レベル

音の大きさはデシベル (dB) という単位で表します。
音の単位でヘルツ (Hz) というものを聞いたことがあるかもしれませんが、こちらは周波数であり、音の高さを表します。
デシベルは、大きさが何千倍も違う音を少ない数値の差で表す単位です。

音の大きさの目安

日常的によく聞く音の大きさを下記に示します。
数値の単位はすべてデシベルです。
おおよそのデシベル数ですので、文献によって多少の誤差があります。

音の大きさ 音の例
130デシベル 飛行機
120デシベル オーケストラ、ロックコンサート
110デシベル 自動車の警笛
100デシベル 工事現場、電車が通る高架下
90デシベル 電車の中、工場内
80デシベル 騒がしい会話、掃除機、セミの鳴き声
70デシベル にぎやかな街中
60デシベル 通常の会話、チャイム
50デシベル エアコンの音、静かな事務所
40デシベル 図書館、深夜の街
30デシベル 新聞をめくる音、深夜の住宅街
20デシベル ささやき声、寝息、時計の秒針
10デシベル 呼吸音

デシベル数は、数直線の数字のように一定間隔で並ぶものではありません。
上の表で言えば、掃除機の音は図書館の音の2倍のように見えますが、想像すれば分かるとおり、そんなはずはありません。
おおむね、20デシベルの差で音の大きさは10倍異なるものと思ってください。

難聴レベル

難聴のレベルも、下表のようにデシベル単位で分類します。
たとえば、難聴のレベルが40デシベルの場合、40デシベル未満の小さな音は聞こえないということです。

程度 聴力レベル 聞こえの目安
正常 25デシベル以下 ほとんど不自由はない。
軽度難聴 26 ~ 39デシベル 聞き取りが少し困難になり、
遠くの声などが聞きにくくなる。
中度難聴 40 ~ 54デシベル 普通の会話の聞き取りが困難になる。
55 ~ 69デシベル 普通の会話が聞き取れない。
大きな声なら聞き取れる。
高度難聴 70 ~ 90デシベル 耳元の大きな声ならなんとか聞き取れる。
重度難聴 90デシベル以上 ほとんど聞き取れない。

健康者と比べて、聴力が30デシベル以上低下している状態を難聴、100デシベル以上の音が聞こえない状態を聾 (ろう) といいます。
その障害の重さによって軽度・中度・高度・重度難聴に区分されていて、両耳の平均デシベルが70以上あると、身体障害者福祉法に基づく身体障害者手帳の交付の対象になります。