聴力の基本知識

耳の聞こえるしくみ

私たちの耳は想像以上に多くの器官から構成されており、コンピュータのように複雑な構造をしています。
耳から入った空気の振動は、その中の各器官においてさまざまな振動や電気信号に変換され、最終的に脳に伝わることで、初めて音として認識されるのです。
それはつまり、耳の器官のどれかひとつでも損傷すると難聴になるということです。

難聴の種類

難聴には、音が伝わらない伝音性難聴、音が聞けない感音性難聴、その両方がある混合性難聴の3種類に大別されます。
伝音性難聴は主に外耳~中耳、感音性難聴は内耳~聴神経・脳の異常によって引き起こされます。

難聴を起こす疾患

難聴の原因となる疾患はさまざまあり、耳の疾患だけでなく、脳腫瘍などによっても難聴は引き起こります。
それぞれの疾患名と特徴をまとめてみました。

難聴の治療

難聴の治療法は手術によるもの、薬物によるものなど、さらには鍼灸による治療法まであります。
しかし、先天性難聴や感音性難聴の多くは、現時点では残念ながら確立した治療法が見つかっていません。
将来的には治せるようになる可能性がありますが、それまでは補聴器や聴能訓練などが代替手段となります。

音の大きさと難聴レベル

中学校の理科では、大きな音とは振幅の大きい振動ということでした。
しかし、それでは数字の桁数が膨大になってしまうため、音の大きさを2~3桁程度の数字で表せる「デシベル」という単位を使います。
難聴のレベルも、「何デシベル以上の音なら聞けるか」で分類されます。