補聴器の選び方

補聴器は多くの方にとってなじみの少ないものでしょう。
そのため、購入時に不安を抱くことは無理もないと思います。
ここでは、販売店の選び方から購入時に気を付けることまで幅広く紹介します。

補聴器の種類と特徴

補聴器メーカー各社から、多くの種類の補聴器が販売されています。
使い方や聞こえを考慮し、自分に合った補聴器を選ぶことが大切です。
一般に、補聴器は形状によって以下の5つに分類されます。
現在では耳穴形補聴器が主流です。

耳穴形
耳穴に収めるタイプです。
耳穴にスッポリ収まる小型のものから、耳の外までくる大型のものまで、いくつかのタイプがあります。
耳穴の形状と聞こえの程度に合わせて作るオーダーメイドタイプが一般的です。
耳かけ形
耳にかけて使用します。
操作が簡単で扱いやすいのが特長です。
汗が入りやすいのが難点ですが、汗に強い機種も出ています。
ポケット形
本体をポケットに入れ、イヤホンとコードをつないで使用するタイプです。
操作は比較的簡単で、機種によっては高出力が得られます。
コードが邪魔になったり、たまに衣ずれ音が入ることがあるのが難点。
メガネ形
メガネのツルの部分に補聴器を内蔵させているタイプです。
メガネと補聴器を同時使用できるメリットがありますが、どちらか一方を使用したいときは不便かもしれません。
特殊補聴器
離れた場所に設置したFM送信機から手元の補聴器に音を送るタイプ、騒音に強いタイプ、高音域の子音を聴き取りやすいよう周波数を圧縮するタイプまで、特殊な用途で使う補聴器もあります。

「補聴器もどき」の集音器に注意!

最近、「安くてよく聞こえる!」などの売り文句が書かれた新聞や、折込チラシによる通信販売を見かけます。
しかし、一人ひとりの聞こえに合わせた調整をしてこそ、補聴器は本当の効果を発揮するものです。
補聴器は医療機器なので、アフターケアも視野に入れて、慎重に購入することをおすすめします。

難聴の程度 (レベル) と適合機種

それぞれの補聴器は、対応できる難聴の程度が決まっています。
ご自身の難聴の程度にあった補聴器を選ぶことが大切です。
下の表は、各補聴器のタイプごとに適応できる難聴の程度を表したものです。
難聴の程度と各症状についてはあくまで目安なので、購入前に耳鼻科などで聴力を詳しく測定することをおすすめします。

程度 聴力レベル 耳穴型 耳かけ型 ポケット型 メガネ型
正常 25dBHL 以下 ほぼ不要 不要 不要 不要
軽度難聴 26dBHL ~ 39dBHL
中度難聴 40dBHL ~ 69dBHL
高度難聴 70dBHL ~ 90dBHL
重度難聴 90dBHL 以上 × ×

両耳装用のすすめ

私たちは左右を連携させて音のする方向や距離などを判断しているので、補聴器も両耳装用が望ましいと言えます。
両耳装用では、さらに下記のような効果が期待できます。

雑音にも強い
必要な音と雑音の区別が楽で、雑音の中でも会話が聞き取りやすくなります。
音の方向が分かりやすい
ステレオ効果により、音の方向や位置が明確になり安全です。
より自然な聞こえ
同時に両方の耳から音が入るので、より自然に聞き取れます。
疲れにくい
小さな音量でも聞き取れるので、耳に優しく疲れにくくなります。