デジタル補聴器について

音声をデジタル化して複雑な信号処理を行うのがデジタル補聴器です。
アナログ補聴器に比べると、騒音の中でも会話を聞き取りやすい長所があります。
デジタル補聴器は、聞こえや形を一人ひとりに合わせてつくるオーダーメイドタイプが主流になっています。

デジタル補聴器のしくみ

デジタル補聴器には、小さなコンピュータ (マイクロプロセッサ) が内蔵されています。
以下に、デジタル補聴器が音を変換する順序を紹介します。

  1. 補聴器に入った音は、アナログ/デジタル変換器によって 0101……というデジタル信号に変換されます。
  2. デジタル信号に変換された音は、マイクロプロセッサで分析され、数学的に複雑な信号処理が施されます。
    アナログ補聴器よりも、はるかにきめ細かな分析・処理が行えるので、一人ひとりの聞こえにより適した音に調整できるようになりました。
    調整された音は、自然で元の音に近いのが特徴です。
  3. 分析・処理されたデジタル信号は、デジタル/アナログ変換器によって、再びアナログの音に戻されます。

デジタル補聴器が行う信号処理は、購入時にあらかじめ記憶させた一人ひとりの聞こえや各種設定に基づいています。
この設定は、後から何度でも変更することができます。

デジタル補聴器のメリット

雑音の中でも、会話が明瞭

デジタル補聴器は音をきめ細かく分析し、音声と騒音を判別します。
騒音を抑え、会話を聞き取りやすく強調するので、騒音の中でも会話が聞き取りやすくなります。

音質・音量をその場に合わせて、自動調整

補聴器をお使いになる環境 (主に騒音など) に合わせて補聴器が、適切な音質・音量に自動調整してくれます。
これにより、快適な聞こえを維持します。

電話の際に起こりやすいピーピー音を抑える

電話や携帯電話での通話、また補聴器をお耳に入れるときや食事の際などに起こりやすいピーピー音 (ハウリング) を抑えます。

聞こえを一人ひとりに合わせられる

デジタル補聴器は、一人ひとりのきこえに音質を合わせてこそ真価が発揮されるものです。
購入後に聴力や使用環境が変わっても、販売店で音質を何度でも調整できます。
また、補聴器に慣れるまでの間は、何度か再調整するのが一般的です。